会員ログイン

メインカテゴリー

  • 南河内で食べる(ランチ・ディナー・カフェ・居酒屋 他)
  • 南河内で学ぶ
  • 南河内で遊ぶ
  • 南河内の美容・健康
  • 南河内の医療
  • 南河内のショップ
  • 南河内の暮らし
  • 南河内その他

メールマガジン

無料メルマガに登録して
おトクな最新情報をゲット★
登録 削除
送信(無料)
編集部ブログ
使って得するクーポン
今月のプレゼント
掲載希望
日本中のニュースが集まる、読める、見つかる、楽しめる!キャンディーニュース
情報交換掲示板
求人情報掲示板
フリーペーパー
らくうぇる。南河内
らくうぇる南河内
南河内を楽しむ本
らくうぇる南河内
 
 
 
 
南河内の車椅子でも楽しめるスポット Vol.1
南河内の車椅子でも楽しめるスポット

「お出かけするのは大変そう・・・」と、ついつい閉じこもってしまっていませんか?以前に比べると、公園や寺社、博物館など、さまざまなスポットで、スロープやエレベーターが整備されるなど、バリアフリー化が進みました。体調が許せば、ぜひ外に出て、いつもとはちがった景色を見てみませんか?きっと、よい気分転換になりますよ!

高野山真言宗遺跡本山 檜尾山観心寺
楠木正成ゆかりの古寺もスロープを上って境内へ

高野山真言宗遺跡本山 檜尾山観心寺 楠木正成ゆかりのお寺としても知られる、河内長野市の古寺「檜尾山観心寺」。「花の寺」としても知られ、春の梅や桜、秋の紅葉がとりわけ有名です。歴史のあるお寺は階段が多いため、「車椅子ではとても無理…」と思いがちですが、観心寺では駐車場から境内に続く階段横に、ちゃんとスロープが設置されていました。
石階段の上にたたずむ南北朝時代に建てられた金堂(国宝)へも、ぐるっと回り道になるものの、段差のない緩やかな小道を通って参拝できます。緑豊かで小鳥の鳴き声が心地よく響く境内に、「本当にきれいなお寺やねえ」とおばあちゃんもニッコリ。しばし時間の経つのを忘れて、歴史と静寂を心ゆくまで満喫することができました。

国宝の金堂に続く石階段

国宝の金堂に続くこの石階段にはスロープはないが、裏手にはなだらかな小道が延び、金堂まで車椅子で行くことができる。

寒くない?疲れてない?

「寒くない?疲れてない?」と、たびたび声をかけながら体調を確認。

車椅子から下りることなく境内へ

車椅子から下りることなく境内へ。観心寺のスロープは、安全を考慮した滑り止め付き。

美しい風景が広がる境内

木々や花、池…と美しい風景が広がる境内に、しばしうっとり。


スロープの出入口はゆっくりと慎重に
ゆっくりと進もう

上りよりも下りの方が危険度が増すので、より慎重になることが大切。勢いよく押さずに、ゆっくりと進もう。

少しずつ下ろう

角度が急だと感じられる場合は、バックで下りる。自分の体重で車椅子を受け止める感じで、少しずつ下ろう。

事前に教えてあげよう

ちょっとしたデコボコも、乗っている人にとっては大きく響く。「ちょっとガタンとするよ」と事前に教えてあげよう。

声をかけてから押そう

坂道を上がる時、車椅子に乗っている人は不安になるもの。「今から上がるよ」と声をかけてから押そう。


高野山真言宗遺跡本山 檜尾山観心寺
高野山真言宗遺跡本山 檜尾山観心寺

豊かな自然に包まれた花の寺国宝の観音像は空海作。
701年開創と伝わる高野山真言宗の寺院。南北朝時代には楠木氏一族の本拠地として、また一時期は後村上天皇の行在所もあった。
空海作ともいわれる本尊の七星如意輪観音(国宝)は、毎年4月17日・18 日のみ開扉。


所在地河内長野市寺元475
tel0721-62-2134
サイトkanshinji.com
5年ほど前にスロープを設置して以来、車椅子の方も多くお見えになります。四季折々の花のほか、国宝の金堂、重要文化財を多数展示した宝物館も見ごたえがあります。ごゆっくり散策してください。(観心寺 寺務長 永島弘教さん)

南河内の車椅子でも楽しめるスポット Vol.1  Vol.2  Vol.3  Vol.4