ピックアップ記事

子どもの教育ぐらい公平にして!

エプロンズ

子どもの教育ぐらい公平にして!

 

 

「自分の身の丈に合わせて、頑張ってもらえば」って、

これ、文部大臣が子どもに言うセリフなん? 

萩生田光一・文部科学大臣のこの発言には本気で腹が立ったわ!

これまで大学入試には、「センター試験」という試験が行われていたんやけど

2020年度から「大学入試共通テスト」というものに変わるとのこと。

制度や仕組みが変わるだけでも、受験生はその対策に大変やというのに……。

その変更の一つが、英語の民間試験が導入されるということやってんけど、

文部大臣のこの発言もあって、結局見送られることになったみたい。

民間試験って、英検とかTOEFL、GTECとか、民間業者が行ってる英語の試験のこと。

受験生は各自でその試験を受けて、その結果を大学入試での英語の試験変わりにできる予定やってんて。

でも、すべての受験生がそれらの民間試験を公平に受けられるわけじゃないやん?

子どもの6人に1人が貧困という今の日本社会で、受験料は1回5000円〜2万円!

裕福な家庭の子は何度も受けられるけど、経済的に厳しい家庭の子は1回受けるだけでも大変になってくる。それに、地方に住んでいる子は試験会場までの旅費もかかる。

それについてどう思うかと聞かれた時の文部大臣の答えが「身の丈に合わせて」という発言。は? アホちゃう? 何のために政治家やってんねん。しかも文部大臣やで。

子どもたちがいかに公平に一定水準の教育を受けられるかと誰より考えないとあかん立場やのに、「身の丈に合わせて」って、格差を認めて放置するってことやん。

しかも、その発言の前に、全国の高校の校長でつくる団体が英語の民間試験を不安視して、

文部科学省に、試験の延期と見直しを申し入れていたらしい。

だけど政府はその声を無視して導入しようとしててんて。

英語民間業者はものすごく利益を上げられる事業やし、官僚の天下り先も増えるからかな。受験生のことよりも、民間業者の利益優先なんやなあ。

なんのための政治やなん。せめて子どもの教育ぐらいは公平にしてほしいわ!

浅倉すみれで検索
SNSで記事をシェア
イベント情報
9月 2021
   1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
« 8月   10月 »
店舗様専用ログイン
らくうぇる。ブログ
らくうぇる。FREEEPAPER
らくうぇる。スマホ版サイト
http://www.rakwell.com/wp-admin/admin.php?page=theme-options-header#らくうぇる。南河内の求人情報
スタッフR子の地域情報紙の仕事のひび
らくうぇる南河内ゴルフクラブ
くまざき歯科
ページトップへ